ブックメーカーで日本や海外のプロスポーツに賭ける
ブックメーカー

ブックメーカーtotoの違いはJリーグのような運営者がないこと

運営者

ブックメーカーは、世界中のスポーツを賭けの対象にしていることで有名です。サッカーや野球はいうまでもなく格闘技やラグビーなどあげればきりがないほどのスポーツが網羅されています。

日本では、Jリーグを対象にした賭けといえば、totoです。ブックメーカーとtotoの違いは、運営するところがあるかないかという点です。totpでは、Jリーグの試合でもtotoで賭けられる試合は決まっています。予想をする種類も13種類の試合の結果を予想するタイプと、5試合の結果を予想するタイプに限られています。

一方、ブックメーカーでは、賭けたい試合にかけられる上に、1試合だけを対象にして賭けることができます。これは、的中率が高くなるので、予想が得意な人であれば安定した利益を獲得することができます。あたりやすい分totoのような一攫千金を狙うことはできません。その分確実な利益を獲得できるチャンスをもてるのが特色になっています。

ブックメーカーで重要なのは、オッズです。オッズとは、予想が的中したときの払い戻し金を最初に設定されている倍率のことを言います。倍率が高いところに賭けると、高額な払戻金が得られます。一度だけでなくて、何度も賭けをして勝ち続けることで稼いだ金を多くしていこうというものです。倍率が低くてもコツコツとあたりを狙って勝ち進めていくことが重要になります。ネットでサッカーの生中継があるのがブックメーカーです。Jリーグも賭けの対象になっています。